家庭の行事についてあれこれ

七五三

七五三は子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつです。
乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認めらたのです。
明治時代になって現代の七五三が定着しました。
三歳の男女・髪をのばしはじめる「髪置き」、五歳の男子・はじめてはかまをつける「袴着(はかまぎ)」、七歳の女子・帯をつかいはじめる「帯解き」です。
現代においてのお祝いの仕方は、家族で写真撮影、神社で参拝、そして家族で食事するスタイルが多いです。
神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、別にお祓いをしてもらわなくても大丈夫です。
また、七五三をする時期は何月何日~何月何日までと決まってはいません。
10月か11月など都合の良い日に行います。
11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」である事と、また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。
最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。
それと七五三でお参りする神社は希望の神社でという場合、遠くまで出かけてもかまいませんが、基本的には近くの氏神様なのです。
早生まれの子供の場合、いつ七五三をすればいいのか迷ってしまいがちですが昔は数え年、現在は満年齢が一般的です。
昔は生まれた年を一歳として計算する「数え年」で行われていましたが、現在は生まれた翌年の誕生日を一歳とする「満年齢」で行われています。
どちらにもこだわらずにお祝いしても大丈夫です。
また三歳と五歳の男の子を一緒に七五三をしたい場合、昔は男子は数え年の三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が五歳、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的なので、年齢にこだわらずにお祝いしてもいいのです。